「子供が本当に英語習得できる英会話スクールは?」大手9社比較

「将来のことを考えると、子供に英語を習得させたい!」
「子供の英会話スクールってどこがいいんだ?」

という悩みが親御さんにはあるかと思います。お子さんに英語をできるようになるには、費用がかかり、インターナショナルスクールやマンツーマンレッスンが必要になるため、月謝にして5万円程度かかるので、多くの家庭には現実的とはいえません。

筆者がおススメするのは「3人程度の少人数レッスン」を外国人教師が、歌や踊りではなく会話トレーニングをおこなってくれる英会話スクールです。なぜなら一般的な家庭が子供の月謝に使える費用は1万円程度であり、そうなると、この条件がベストな選択となるはずだからです。

本日は元教育業界にいた筆者が、子供の英会話教室について具体的に解説してまいります。

続きを読む

教育のプロから見た「RISU算数」の評判と考察

「RISU算数って聞いたことあるけど、どんな教材なんだろう?」
「うちの子算数が苦手なんだけど、RISU算数が良いのかしら?」

と、RISU算数をこれから検討している方は、どんな教材か悩んでおられると思いますRISU算数は、AIを使って「お子さん」一人ひとりにあった問題を提供する無学年を採用しております。

公文のように先取り学習ができるのが最大の特徴であるのと、「算数の学習につまづいたお子さん」に対しては、つまづいたポイントを特定し、例えば小学4年で習う立方体の計算ができなければ、大胆に小学2,3年までさかのぼり、つまづいているポイントを特定する仕組みがあります。

つまり、課題が解決できるまで次に進むことができず、子供に算数で苦手を作らないというのが最大の特徴となります。その苦手部分にたいしては問題だけでなく、東大生や早慶生の動画で、ピンポイントに解説する機能があり徹底しているタブレットなのです。

本日は元教育業界にいた筆者がRISU算数について詳しく解説いたします。

続きを読む

「イーオンキッズ」と「ベルリッツキッズ」をプロが徹底比較

「イーオンキッズとベルリッツキッズのどちらに通わせるべきか?」
「現在、イーオンキッズに通わせているけど、このままでいいのかしら?」

と、我が子の英語教育について、通わせるべき英会話スクールで頭を悩ませてはいないでしょうか?費用だけで言えば、イーオンキッズは月謝10,000円程度で、ベルリッツキッズよりも4,000円近く安くなりますが、ベルリッツキッズは2~3人の少人数レッスンなのに対して、イーオンキッズは8人もおり、費用対効果はベルリッツキッズの方が高くなります。

本日は元教育業界出身の筆者が、イーオンキッズとベルリッツキッズを徹底比較した記事を紹介いたします。

続きを読む

他では絶対に聞けない「ベルリッツ・キッズ」のプロの評判と考察

可愛い我が子の将来を思うと子供向け英会話スクール教室の大手としては「イーオンキッズ」や「ECCジュニア」あるいは「ベルリッツキッズ」を検討しているのではないでしょうか?

「小さいころから英語に慣れさせたい」
「将来は英語に困らないようにしたい」

とお考えですよね。筆者は元大手教育事業者で5年働いておりましたが、その経験から言えば年中の4歳から小学2年生までは「ベルリッツキッズ」で外国人に慣れさせるレッスンは費用対効果が高いと考えます。

なぜなら、ベルリッツキッズは月謝が14,300円とやや高いですが、レッスン毎に変わる外国人教師による2~3人の少人数レッスンですから、引っ込み思案のお子さんにも必ず会話する機会があり、英語や外国人に慣れることができるからです。これは5~8人のイーオンキッズではできないことだからです。

本日はベルリッツキッズの評判について、教育業界に5年所属しマーケティングを担当していた筆者が詳しく解説いたします。

続きを読む

けっこう評判の良い「公文の英語」の3つのポイントを業界人が解説!

「うちの子、くもんやるって言いだしたけど、英語はどうなんでしょう?」
「どうせなら、算数と一緒にくもんで英語もやろうかしら?」

とお悩みではありませんか?実際に公文の英語を通わせているママさんたちの評判は悪くありません。「うちの子英語の成績はいつもTOP」なんて口コミはウソではない思います。

しかし、結論から言えば公文の英語は「将来英語を話せるための教材」ではなく、日本の英語教育に慣れさせるための教材です。ですから目的が小学校の外国語活動や、将来の受験のためでしたら、効果があると言えます。

では、なぜ公文の英語では語学力がつかないのでしょうか?それは公文の英語が、読み書き中心の日本ンお英語教育と全く同じため、英語でコミュニケーションをとるための教材ではないからです。

本日は元教育業界にいた筆者が、公文の英語の評判をもとに、主に小学校低学年向きに詳しく解説してまいります。

続きを読む

タブレット学習で「効果なし」と思う7つの理由を元教育関係者が解説

「タブレット学習って結局ゲームばかりじゃないの?」
「うちの子の成績上がらないでしょう?タブレットじゃ!」

と思うご両親は結構多いです。

「タブレット学習が効果なし!」というのは7つのケースがあると筆者は考えます。効果がない場合は、必ずこの7つのケースのどれか、あるいは複数に当てはまっております。なぜなら今日あげる7つのケースというのは、筆者がこの業界で実際に聞いてきた多くのお母さん方の声だからです。

我が子のタブレット教材の効果や、飽きてきたのかな?と思った方は、この記事を読めばすごく共感していただけると思います。本日は教育業界に5年在籍した筆者が、タブレット学習で成績があがらない7つのケースを解説いたします。

続きを読む

「タブレット学習で我が子の視力が落ちる?」視力維持5つのポイント

「タブレット学習って、良さそうだけど、目に悪い?」
「タブレット学習で視力の悪くなった子っているのかな?」

子供に勉強させるために手軽で安価のため、タブレット教材を検討しているお母さんも多いでしょう。進研ゼミのチャレンジタッチは100万人(延べ)を突破しており、教材としてはずいぶん普及しているのです。

しかし、タブレット端末は”やり過ぎ”に気をつけないとお子さんの視力を落とすことつながります。なぜなら、同じ距離でデジタルの画面を見つめることは毛様体筋を緊張させ続け、眼精疲労がたまり、そして目のピント調整がしにくくなるからです。

本日は教育業界に5年いた元業界人の筆者が、タブレット教材で視力が落ちる理由と、視力を最低限維持するための5つのポイントを解説いたします。

この記事を一通り読んでいただければ、我が子の視力をどのように守るべきかが?確実に理解できるようになりますよ。(なお、当方は眼医者ではありませんが、信頼できる医療機関やメディアのホームページを紹介いたします

続きを読む

中学生が勉強を有利に進めるためのタブレット学習の大手5社比較

「うちの子も中学に入ったから、何か習い事をさせようかしら?」
「タブレット学習って、どこの教材がいいのかしら?」

と、中学生をお子さんにもつ方は、タブレット教材を検討しているのではないでしょうか?進研ゼミや、Z会など、様々な有名教育企業から、タブレット教材が提供されておりますが、まずは大手5社の中から検討してみるのが良いでしょう。

筆者がその中でも、強くおススメするのは「スタディアプリ」です。費用がたった月間980円にも関わらず、全国でも有名な講師の授業を動画で見れることは、継続のモチベーションにもつながるからです。

それでは本日は、中学生向けのタブレット教材5社を紹介いたします。

続きを読む

幼児にタブレット学習教材は弊害?タブレット教材選びの注意点

「隣のお子さんがタブレットのゼミを始めたらしい!」
「うちの子も4歳だし、何かやらせたほうがいいのかしら。。」

幼児のうちに、将来に向けて何かやらせたい!と考える場合、手軽に始められるのがタブレット教材です。幼児向けには有名キャラクターを使ったタブレット教材や、学研などの大手からもタブレットや有料アプリがサービスとして提供されております。

タブレット教材には「ゲーム感覚で進められる!」点や、「スキマ時間で学習できる」というメリットがある一方で、弊害も少なからずあります。ですから幼児にタブレット教材を選ぶ場合は、事前に弊害を理解してタブレット教材を選びましょう。

本日は教育業界に5年いた筆者が、幼児向けのタブレット教材について詳しく解説いたします。

続きを読む

【小学生編】7つの大手タブレット学習教材から最高の教材を選ぶ

「タブレット教材って、どんなのあるのかな?」
「うちの子、小学生になったけど遊んでばかりで勉強しない。。タブレット教材はどうなんだろう!」

タブレット教材は進研ゼミや学研ゼミなどの大手と、RISU算数のように中学受験対策になる本格的なものまで、バリエーションが豊富になってきました。塾に比べて費用の安いタブレット教材。ではどの教材を選べば良いのでしょうか?

筆者は全ての教材を調査した結果、強くおススメしたいのがRISU算数です。その理由は、テスト問題から子供の苦手な部分を把握して、そこを克服できるように東大生の動画がポイントで見れることと、公文のように「先取り学習」が可能で、子供が算数を得意分野にして、中学受験にも十分対応できるタブレット教材だからです。

しかし、RISU算数は一方で、「算数」しかないので、全教科をカバーするという点では、進研ゼミやスマイルゼミがいいのかもしれません。また小学4年以上が対象ですが、スタディサプリも費用対効果が高いタブレット教材です。

本日は教育業界で5年いた筆者、全タブレット教材を徹底的に解説していきます。

続きを読む